チケットが余ってしまったら?

重複当選してしまった、仕事が入ってしまった、他のイベントと重なった、一緒に行く人が行けなくなったなど、どうしてもチケットが余ってしまうこともあると思います。 そういう場合はどうしたらいいのでしょうか。

知り合いに譲る
これが一番安心です。安易にネットで譲ろうとすると、トラブルの可能性があるので、できるだけ信頼できる身近な人に譲りましょう。 親戚・友人で興味がありそうな人にあたるだけでなく、ファンの知り合いがいないか聞いてもいいでしょう。

ブログやSNSでファンに譲る
もとからネットの友達でファンの人がいればあたってみましょう。 もしもとからの友達でいなければ、SNSで「外れてしまった」「譲ってくれる人いませんか?」などと書き込んでいる人に話を持ちかけてうまくいくことがあります。 (管理人も経験があります) ただ、トラブルの可能性がありますので、人は選びましょう。 年代が近く、同性の人が望ましいです。

ファンサイトの掲示板で譲る
ファンサイトの掲示板でやり取りする人もいます。チケットのやりとりが禁止されている掲示板もあるので、ルールを確認しておくこと。 また、ファンがチケット交換用の掲示板を作っていることもあります。 これもトラブルの可能性がありますので掲示板や人は選びましょう。 当日会場で手渡しなどの条件をつけるとトラブルは防ぎやすいです。

オークションで譲る
ヤフーオークションなど、ネットオークションで譲ってみましょう。 座席がよくなかったり、公演が近づいていたりすると低価格で落札されることもあります。 また、高額で出品するのはやめましょう。定価以上でのチケットのやりとりは違法です。 高額で出品している人がいますが、利益目的の「ダフ屋」と呼ばれる違法行為をしている人なので真似しないように!

どの方法にしろ、トラブルのリスクはついてきますので、絶対にキャンセルしないなどの条件を強調して、お互いが気持ちよく利用できるようにこころがけましょう。 渡す方法や値段などはよく考えましょう。 自分もライブに行く場合は、同伴で参加するという条件もあります。 値段はできるだけ定価+送料などの手数料にし、どちらにも損得がないようにすると望ましいです。 高額での取引はやめましょう。トラブルのもとですし、禁止されています。

でも、一番いいのはチケットが余らないようにすることです。 むやみに先行発売に応募したり、予定が立つかもしれないのに買ったりするのは避けましょうね。
Copyright(C) 2012 ライブ・ナビ 〜初心者からのライブ講座〜 All Rights Reserved.