一般発売でのチケット入手のコツ

チケットの正式な発売日みたいなものです。購入方法には以下の種類があります。
  電話(初日は特電といって、別の電話番号が用意されることもある)
  店頭(ぴあなど)
  インターネット
  コンビニのオンライン端末(ローソンのLoppiなど)

結論から言うと一般発売でのチケット入手は困難です。特に電話での入手は難しい!理由は以下の通り。
  先着順である。
  先行発売でほとんどのチケットがさばかれているためチケットの絶対数自体少ない。
  すごい人数が電話を一斉にかけるため、なかなか電話がつながらない。
  一般のファンだけでなく、裏技を使って有利な条件で電話をするダフ屋もいる。
とにかく、つながらないのです。発売後、数分で売り切れるアーティストもいるくらいです。運が良ければつながりますが、本当に運かませです。 もし、電話で入手したいなら、友達や家族に手伝ってもらって複数の電話からかけるなどの対策をしましょう。

また、発売時間の数分前からつながることもあります。さらに、「完売」とアナウンスされてからも、しばらくするとまた購入できるようになっていることもあります。 根気強くかけていきましょう!

おすすめなのは、コンビニのオンライン端末での購入です。 コンビニの端末から操作するので、電話と違ってみんな同じ条件で購入できるからです。ポイントは、
  端末の操作を調べておくこと。当日、使い方が分からないことのないように!
  発売時間後すぐにエントリー画面にできるよう、できるだけ画面を進めておく
  購入する公演、枚数などに迷わないよう確認しておく
  1店舗に1台しかないため、早めに端末の前に並んでおく
  (前に同じチケットを買う人がいると不利です。ただし他の目的のお客さんに迷惑にならない程度)
これも一斉にアクセスがあるため、なかなか画面が進まないのですが、焦って戻ったりせずに根気よく画面を進めましょう。電話よりは取りやすいはずです。

インターネットからエントリーする場合、インターネットを光など回線の速いものに契約しましょう。 やはり、これも当日混むので重くてつながらないのは致命的です!会員登録は事前にしておくこと。 会員登録をせずに申し込みを始めると、途中で会員登録の入力をすることになり時間のロスになるからです。 ちなみに、電話と同じように一度売り切れになっても数分後にまた復活していることがあります。

一般発売で入手できなかった場合、ふつうはもう正規ルートでの発売はありません。 しかし、まれにキャンセルチケット当日券が出ることがあります。 キャンセルチケットは、売り切れてから一週間後くらいに一般発売画面でアナウンスされることがあります。 ただし、大きな宣伝はされないので気付かない人が多いです。売り切れマークがついてからも毎日アクセスしてみる価値はあります。

>> 外れたときは「ゆずってもらう」のもアリ!
[チケットTOP]
Copyright(C) 2012 ライブ・ナビ 〜初心者からのライブ講座〜 All Rights Reserved.